食器 陶器 陶磁器 和食器 業務用食器 大幅にプライスダウン 民芸酒器 とっくり 山下工芸 Yamasita 青竹酒器 納期約1週間から3週間程掛かります 350cc ぐいのみ付 craft 日本製 キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , その他,350cc,日本製,danielswoodlandenterprisesllc.com,食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり,/user_data/packages/default/user/pdf/price/2020/03/atgc_202004.pdf,3465円,山下工芸(Yamasita,青竹酒器,craft),ぐいのみ付,納期約1週間から3週間程掛かります。 3465円 食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり 山下工芸(Yamasita craft) 日本製 青竹酒器 350cc ぐいのみ付 納期約1週間から3週間程掛かります。 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 その他 食器 陶器 陶磁器 和食器 業務用食器 大幅にプライスダウン 民芸酒器 とっくり 山下工芸 Yamasita 青竹酒器 納期約1週間から3週間程掛かります 350cc ぐいのみ付 craft 日本製 3465円 食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり 山下工芸(Yamasita craft) 日本製 青竹酒器 350cc ぐいのみ付 納期約1週間から3週間程掛かります。 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 その他 キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , その他,350cc,日本製,danielswoodlandenterprisesllc.com,食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり,/user_data/packages/default/user/pdf/price/2020/03/atgc_202004.pdf,3465円,山下工芸(Yamasita,青竹酒器,craft),ぐいのみ付,納期約1週間から3週間程掛かります。

食器 陶器 陶磁器 買い取り 和食器 業務用食器 大幅にプライスダウン 民芸酒器 とっくり 山下工芸 Yamasita 青竹酒器 納期約1週間から3週間程掛かります 350cc ぐいのみ付 craft 日本製

食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり 山下工芸(Yamasita craft) 日本製 青竹酒器 350cc ぐいのみ付 納期約1週間から3週間程掛かります。

3465円

食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり 山下工芸(Yamasita craft) 日本製 青竹酒器 350cc ぐいのみ付 納期約1週間から3週間程掛かります。



■サイズ:徳利Φ8×H15cm 約350cc ぐいのみ Φ4.5×H5cm
■素材:竹
■青竹の香りが爽やかで酒をまろやかにする天然の生竹酒器です。
■受注生産品の為、納期約1週間から3週間程掛かります。
■ご使用後は必ずよく乾燥させて保管して下さい

■お使いの環境により商品の色、素材感が実物と多少異なって見える場合がございます。

注) 表示寸法に関しましては多少の誤差及び色の差異は考慮して頂くようお願い致します。
※商品の出荷について※
在庫管理には細心の注意を払っておりますが、手動作業の為、急な完売等で在庫数更新が遅れる場合がございます。その際は、キャンセルとさせて頂きますのでご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承下さい。
■送料無料の商品やその他複数点の注文、同梱などにより6000円(税別)以上のご注文の場合でも北海道1800円、沖縄他離島へは別途2500円の送料が掛かります。 ご注文時は無料となりますが店舗にて訂正させて頂きますので予めご了承下さい。
■発送準備完了後のキャンセル、返品交換等は一切お受けできません。予めご了承下さい。

食器/陶器/陶磁器/和食器/業務用食器/民芸酒器/とっくり 山下工芸(Yamasita craft) 日本製 青竹酒器 350cc ぐいのみ付 納期約1週間から3週間程掛かります。

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。